コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

テレビドラマ「鬼平犯科帳スペシャル~泥鰌の和助始末~」

金曜プレステージ・新春大型時代劇。フジテレビ系2013年1月4日(金)21:00~22:52。原作=池波正太郎「泥鰌の和助始末」「おみね徳次郎」(文春文庫刊) 脚本=金子成人。音楽=津島利章。監督=吉田啓一郎。

出演=中村吉右衛門、多岐川裕美、梶芽衣子、蟹江敬三、勝野洋、中村又五郎、尾美としのり、酒井美紀、寺島進、石橋蓮司、中村敦夫ほか。

腕の良い大工だった和助(石橋蓮司)は、盗賊の惣七(寺島進)とその手下・鎌太郎(吉見一豊)に、「お盗め」の相談を持ちかける。「お盗め」の予定を明らかにしない和助に、鎌太郎は腹立ちを覚えるが、惣七はこれを了承する。

鬼平1

和助は、恩義のある親方が亡くなった後に、徳次郎(福士誠治)を引き取り育てていた。その徳次郎は、おみね(酒井美紀)という女性と知り合い、やがて深い仲に。おみねは、小さいころに惣七にさらわれた過去を打ち明け、徳次郎と一緒に江戸を離れたいと話す。

鬼平2

池波正太郎生誕90年ということで、製作者側にも、力が入っているようだ。これまでのSPと較べても、明らかに出来が違っている。鬼平の過去や、悪党との30年前の因縁が明かされる。新しい鬼平の登場だ。

鬼平3

ストーリーが複層的に進み、過去の作品に較べると重量感が増している。面白さにおいても優っている。敵役に長老ではなく、中堅の演技派を起用したのも、成功の一因だろう。一応老け役だが、役作りに手抜きはない。

サブ・エピソードの色模様も、見せ場のひとつになっている。若いイケメンと蕩けるような年増。酒井美紀の熱演が色っぽい。時代物なので、ベッドシーンは抑制された描写だが、悪くない出来だ。

それにしても、江戸時代の盗賊は、実に気の長い、綿密な計画で押し込みを働いたものだ。丁稚や下働きの引き込み女を何年も住み込ませ、標的を調べ尽くす。急ぎ働きの強盗は別だが、正統派の盗人は一種の芸術家と言えるだろう。本作の泥鰌の和助は、中でも芸術的だ。腕のいい大工で、いつかのために仕掛けを隠している。そのからくりは、余人に真似が出来ないものである。

30年前の因縁とは何か。血も涙もある鬼平の裁きとは、今回は欠点が少ない、つまり瑕瑾のない作品に仕上がっている。江戸の風俗もリアルにとらえられていて、時代劇の醍醐味も味わえる。久しぶりに傑作を見た、と言ってもいいだろう。

スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

中年ジュリー

Author:中年ジュリー
6月14日 東京生まれ 双子座 東京在住
好きなタレント=長澤まさみ、剛力彩芽
趣味=プチ旅行、DVDで映画鑑賞、ひとり酒、B級グルメ食べ歩き、昼寝

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
不良中年・天国と地獄
懲りない男の反省と悔恨の日々

FC2Blog Ranking

不良中年・天国と地獄
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。