コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

富士山5合目と鳴沢氷穴

7月19日(木)富士山5合目鳴沢氷穴、及び桃狩り食べ放題のバスツアーに参加。もちろんランチはホテルのバイキングである。

午前8時に新宿西口を出発したバスは、10時に鳴沢の氷穴に到着。空は晴れて早くも気温は30度近くに上がっている。

鳴沢氷穴 (3) 


鳴沢氷穴は、富士山側火山である長尾山[ながおやま]の噴火でできた溶岩洞穴。竪穴式で総延長は153m。洞穴内に氷柱のほか、天井部分の溶岩鍾乳石が見られるなど溶岩洞穴の特徴的な部分が多く、樹海中を代表する洞穴だ。足場、照明が整備され、手軽に見物できる。

鳴沢氷穴 (18)


階段を下りると、温度はたちまちプラマイ0度に下がる。快適だが、5分もすると、二の腕が冷たくなってくる。どうしてこんなに気温が下がるのか、不思議だ。普通に歩いて20分ほどの道程だが、私は途中で引き返した。従って、氷柱は見ていない。ちょっぴり後悔する。

地上に出ると、空は相変わらずの晴天だ。前回の箱根あじさい電車は雨にたたられたが、今回は打って変った好天気である。

富士ビューホテル (3)


次は富士ビューホテルでランチバイキング。実は昨日飲み過ぎたせいで、二日酔い気味だ。6時に起きたのだが、食欲がまったくなかった。麦茶でごまかしたが、昼近くになると、二日酔いも覚め、食欲も出てきた。

ビール (1)


喉が渇いているので、ビールを頼んだ。バイキングの内容は、特に特徴のない平凡なものだった。2回お代わりをしたので、満腹感を通り越して、気持ち悪くなる。いい年をして、情けない。トイレで腹具合を調整し、少し楽になる。

ロビーで休憩したあと、次の目的地へ向かう。本日のメーン、富士山5合目の登頂だ。バスで富士スバルラインを登っていくと、次第に雲が出てきた。窓外に見え隠れしていた富士山は、すっかり雲の陰に隠れてしまう。

富士山5合目 (3)


5合目で降りると、陽は差していたが、雲に隠れて頂上が見えない。眼下も雲の堆積で眺望はあまり開けていなかった。気温は20度くらいで、過ごしやすい。ただ、歩き回ると、若干汗ばむようだ。

富士山5合目 (8)


ここからさらに上を目指す本格的な登山者が多いようだ。頂上を目指し、翌日のご来光を拝むのだろう。かなり年配の人、そして女性も多かった。

小御嶽神社 (1)


あちこちで写真を撮り、小御嶽神社で無事下山を祈る。お土産を買い、もと来たスバルラインを戻る。

御坂農園 (2)


最後は桃狩りである。農園へ着くと、おじさんに案内されて5分ほど歩き、桃園へ赴く。桃は食い放題だが、お持ち帰りはできない。直接、木からもいでもいいし、箱に並べられた冷えた桃を食してもよいとのこと。

御坂農園 (4)


冷えて熟れた桃を4個食べ、腹いっぱいになる。皿とナイフが配られて、皮をむいでいただくのだが、これが意外に面倒くさい。4つでも頑張ったほうだ。

これで本日の行程はすべて終了。帰りのバスの中で缶ビールを飲み、お土産のクッキーをつまむ。今回のツアーでは、わりと食欲を充たした。そのせいか、新宿での飲食は省略。まっすぐ家路につくという珍しい結果となる。

天気に恵まれた遠出だった。ただ、肝心の富士5合目で雲に覆われたのは残念。登頂は無理だが、いい思い出になった。来年は尾瀬にでも挑戦するか。

スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

中年ジュリー

Author:中年ジュリー
6月14日 東京生まれ 双子座 東京在住
好きなタレント=長澤まさみ、剛力彩芽
趣味=プチ旅行、DVDで映画鑑賞、ひとり酒、B級グルメ食べ歩き、昼寝

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
不良中年・天国と地獄
懲りない男の反省と悔恨の日々

FC2Blog Ranking

不良中年・天国と地獄
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。