コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」

制作=2011年 アメリカ映画 カラー132分。配給=パラマウント映画。監督=ブラッド・バード。脚本=ジョシュ・アッペルバウム、アンドレ・ネメック。出演=トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペグ、ポーラ・パットンほか

ミッション1

あらすじ=ロシアのクレムリンで爆破事件が発生。その容疑がIMFのイーサン・ハント(トム・クルーズ)とそのチームにかけられる。米大統領は政府が事件に関与した疑いを避けるため、「ゴースト・プロトコル(架空任務)」を発令。イーサンチームはIMFから登録を抹消されてしまう。

国や組織という後ろ盾を失ったまま、クレムリン爆破の黒幕を追い、さらなる核テロを未然に防ぐというミッションの遂行を余儀なくされるイーサンたち。失敗すれば彼らは、凶悪テロリストとして全世界に指名手配されてしまうのだ。

黒幕たちの取引の現場は、世界一の高さと最新のセキュリティを誇るドバイの超高層ビル、ブルジュ・ハリファ。難攻不落の天空城に、特殊粘着グローブと命綱一本で外部からの侵入を試みるイーサンだが……。

感想=シリーズ最大のヒットとなった本作。相変わらずのワンマン映画である。トム・クルーズなくしては語れない。そして今回は、イーサン・ハントの家庭の事情が明らかにされるのだ。ここは過去の作品にはなかった部分ではないか。

売り物のアクションは健在である。スタントなしで、世界一高いビルを昇ったり降りたりする。粘着テープを使ってガラスに張り付くのだが、ちゃんと仕掛けがあって、ハラハラドキドキするのは毎度のことだ。

ミッション2

ブタペスト、モスクワ、ドバイムンバイと舞台を移しながら、大がかりな破壊と格闘が繰り返される。今回の悪党は、人類の絶滅と蘇生を繰り返すことによって文明を進歩させる、という思想の持ち主。

思想も危険だが、身体的能力も相当なものを持っている。表向きは大学教授のくせに、ハントとほぼ対等に渡り合うのだ。007シリーズと違って、悪党がしぶといのがいい。ハントも手こずる相手だから、強敵である。

仲間も一新された。曰くありげな分析官、魅力的な黒人女性、試験に合格したばかりで、ハントを崇拝する新人エージェント。ちょっと人数が少ないが、ハイテクを駆使して敵を欺く技術は一流である。

ミッション3

実を言うと、そこのところがよくわからないのだが、まあそんなものか、と納得するしかないだろう。いろいろ疑問点もあるが、とにかく飽きさせないのはいつものこと。難しいことは考えずに、2時間強の長尺を楽しめば気分は爽快になる。娯楽作として80点は上げられる出来だ。
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

中年ジュリー

Author:中年ジュリー
6月14日 東京生まれ 双子座 東京在住
好きなタレント=長澤まさみ、剛力彩芽
趣味=プチ旅行、DVDで映画鑑賞、ひとり酒、B級グルメ食べ歩き、昼寝

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
不良中年・天国と地獄
懲りない男の反省と悔恨の日々

FC2Blog Ranking

不良中年・天国と地獄
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。