コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

DVD「フェイク・クライム」

制作=2011年 アメリカ映画。配給=プレシディオ。上映時間=108分。監督=マルコム・ベンビル。出演=キアヌ・リーブスベラ・ファーミガ、ジェームズ・カーン、ピーター・ストーメア、ジュディ・グリアほか

フェイククライム 

あらすじ=ニューヨーク州バッファローのハイウエイ料金所で深夜働くヘンリー・トーン(キアヌ・リーヴス)は、看護師の妻と共に目的もなく漫然と日々を過ごしていた。ある日、高校時代の悪友たちから野球の試合に誘われ、車を銀行の前に停めて待っていたところ、突然ベルが鳴る。

知らないうちに彼は強盗の運転手にさせられていたのだ。逮捕されたヘンリーは仲間の事を一言も喋らず、懲役3年の刑に服する。刑務所で同房になったのは詐欺犯のマックス(ジェームズ・カーン)。彼は、ヘンリーに意義ある人生を送るようアドバイスする。そして1年後。仮釈放されたものの、妻が他人の子を身籠っていることを知って家を去るヘンリー。

雪が降る中、強盗のあった銀行の前にぼんやり立っていた彼は、突然クルマにはねられる。あわててクルマから飛び出してきたのは、舞台女優のジュリー・イワノワ(ヴェラ・ファーミガ)。彼女は隣の劇場でチェーホフの『桜の園』の主人公ラネーフスカヤを演じることになっていた。

感想=100年前の新聞記事で、劇場銀行の間にトンネルがあることを知ったヘンリーは、やっと生き甲斐を見つける。無実の罪で服役したのだから,代償として銀行の金を頂いてもいいだろう、というのが彼の理屈だった。

トンネルを掘って金塊を奪うのが「黄金の七人」だった。周到な計画で見事成功するのだが、もちろんオチがある。が、こっちは「黄金の七人」ほど知的ではない。そこが何とも歯がゆいところだ。

強盗が成功するのか、というスリルは一応ある。仲間の裏切りもあって、メリハリをつけようとしたのはわかるが、流れが安易なのはいただけない。最後に舞台女優との愛に目覚めたヘンリーの行動も、予定の範囲内だ。

つまりご都合主義が目立つので、歯ごたえがないのだ。いい加減な展開で見ていて眠くなるほどである。こんな作品にキアヌ・リーブスが主演するのは、ファンは納得できないだろう。いや、ファンなら何とか楽しめるかもしれない。

むしろ苦笑しているのは、地下のチェーホフだろう。「桜の園」がこんな使われ方をして、歯ぎしりしているかもしれない。演じる女優は悪くないのだが。ゆるふんの映画で、あまりお勧めできないのが残念でもある。40点。

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

このページのトップへ
コンテントヘッダー

テレビドラマ「剣客商売 御老中暗殺」

2012年8月24日(土)21、00時~22、52分 金曜プレステージ放映。制作=フジテレビ 松竹株式会社。原作==池波正太郎「剣客商売」(新潮文庫刊)「女武芸者」「御老中毒殺」

企画=成河広明、武田 功(松竹)プロデューサー=足立弘平(松竹) 脚本=金子成人。監督=山下智彦

出演=北大路欣也、杏、貫地谷しほり、斎藤 工、山田純大、山田明郷、上田耕一、神保悟志、古谷一行、國村 隼ほか

剣客商売

あらすじ=諸国を巡っての修行の旅から江戸に戻り、父・秋山小兵衛(北大路)の世話で道場を構えた秋山大治郎(斎藤)は時の老中、田沼意次(國村)が催した剣術試合で無名ながらも七番も勝ち抜き、意次をはじめとして場の注目を集める。

後日、その大治郎のもとに家名は伏せられたが大垣四郎兵衛と名乗る男がやって来る。先日の剣術試合での活躍を見て、大治郎に腕を見込んでの頼みがあるという。ある人物の両腕を切り落とすのではなく、骨をたたき折ってもらいたいというのだ。

前金で五十両出すというが、肝心のどこの誰を相手にするのかを教えない。結局、大治郎はその話を断るのだった。

感想=CSテレビで藤田まこと、小林綾子版が再放送されている。たまに見るが、二人とも適役だと思う。他の配役も、おおむね好評だったらしい。本放送の視聴率もよかった、と聞いている。

今回のスペシャル版は、北大路欣也、貫地谷しほり、というコンビ。これが感覚的に受け付けるかどうかが、評価の分かれ目になるだろう。私的には、貫地谷しほりの下女に違和感があった。

他の配役も、馴染めなかった。若手を重点的に起用したようだが、これがいずれも裏目に出ているのだ。個々の俳優はそれぞれいい味を持っているはずなのに、役に生かされていない。キャスティングの失敗といえる。

主役の北大路欣也、ベテランで実績もあるが、本人もいうように、これまで直球の役ばかり演じてきた。こういう変化球は、北大路の重厚な貫禄が邪魔している。先年の大河ドラマ「お江」における徳川家康が印象的だったので、そのイメージとの差が、どうしても払拭できない。

老中暗殺の陰謀は、実際にもあったようだ。権勢をほしいままにした田沼意次に対して、嫉妬した親藩がいたのは事実である。本作では一橋家との対立が題材となっている。陰謀が少しづつ明らかになっていく過程は、スリルがあった。

そこはいいのだが、老中のご落胤として、女剣士を登場させたのは、不自然だ。剣法もぎこちなく、特訓があまり生かされない。内容を華やかにしようとしたのだろうが、成功とは言い難かった。

全体の評価としては、合格とはいえないだろう。キャスティングのミスが痛い。シリーズ化は難しそうだ。「必殺仕事人」における東山紀之のような強力な後継者を探さない限り、スペシャルで終わりそうな気がする。

テーマ : フジテレビ
ジャンル : テレビ・ラジオ

このページのトップへ
コンテントヘッダー

マンネリの夜

蒸し暑い夜に飲むものといえば、生ビールに決まっている(異論もありそうだが)

IMG_1159.jpg 

そこで居酒屋へ行っても、まず頼むのは生ビール枝豆だ。偉大なるワンパターーンである。

IMG_1161.jpg

先日は追加のおつまみに、するめイカ七輪焼きというものを注文。七輪は暑かったが、マヨネーズと唐辛子でいただくイカは美味しかった。

IMG_1162.jpg

ししとうは今が旬のようだ。串焼きをお願いしたが、辛味がピリッと舌を刺激して、暑気を吹っ飛ばしてくれた、

IMG_1135.jpg

マンネリといえば、飲み物の追加としてホッピーを飲み、いい気分で居酒屋を出た。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

このページのトップへ
コンテントヘッダー

夏バテ解消法

暦の上ではとっくに秋だが、今年も例によって残暑が厳しい。特に今夏は湿度が高く、寝苦しい夜が続いている。

ここまで暑くて寝苦しい夜が続くと、たいていの人は食欲が落ち、夏バテ症状に陥るようだ。

だが、私の場合は反対で、寝不足は昼寝で解消、食欲はビールでいつもより旺盛になるのだから困る。

夏になると、だいたい2,3キロは太る。先週の飲み会でも、顔が丸くなっている、と指摘される始末だった。

そういうわけで、夏バテとは無関係だが、暑さには人並みに参っている。

早く秋が来ることを願うのは、他の人と同じである。

なお、9月10日から三泊四日で長崎へ行く予定。詳細は後日報告します。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

このページのトップへ
コンテントヘッダー

必勝馬券・第47回 関屋記念

今年からサマーシリーズに新たに加わった『サマーマイルシリーズ』。そのシリーズ2戦目となるのが、このレースだ。

過去10年の3着内馬31頭中14頭(2005年は3着同着)が、前走で6着以下に敗れていた馬によって占められている。出走各馬のチェックポイントにも、さまざまな角度からのアプローチが必要。

■傾向

1、1番人気馬が勝率40%。

2、“逃げ馬”と“追い込み馬”が好成績。

3、前走「芝1800~2000m」組に注目。

■結論

◎14  ドナウブルー
○17  エアラフォン
▲8   マイネイザベル
△3   エイシンリターン
△11  シルクアーネスト
△15  ネオサクセス

■推奨馬券

馬連  14-17 8-14 3-14 11-14 14-15
(5点)

■結果

1着◎14  ドナウブルー
2着△3   エイシンリターン
3着 9   スプリタス

■払戻金

馬連  3-14  1、590円(的中) 

テーマ : 競輪予想
ジャンル : ギャンブル

このページのトップへ
コンテントヘッダー

新東名ドライブ

6日の月曜日、新東名ドライブネオパーサ巡りというバスの旅に行ってきた。

新東名は神奈川県海老名市から、静岡県を経由して、愛知県豊田市へ至る高速道路である。現在は御殿場~三ヶ日間の約162km、開通したのは今年の4月14日だった。

詳しいことはガイドブックにゆずる。

清水PA (3)

午前8時、新宿西口を出発したバスは、約2時間後、最初のネオパーサ清水PAに停まった。ちなみにパーサとは、PAとSAをくっつけたものらしい。安易なネーミングだが、不思議にぴたりとはまっている。

清水PA (12)

ここは上下線共通のネオパーサになっている。コンセプトは、くるまライフ・コミュニティーパーク、というもの。フードコート内には、スポーツカーやバイクが展示されている。

清水PA (18)

フード、ショップ共に、地元の名店や特産品が売り物になっている。そしてキッズコーナーもあって、各パーサ共通の特徴だ。

朝食は家で済ませている。スイーツは好みではないし、ここでは水分補給の意味を兼ねて、自販機で緑茶を買っただけだった。

清水PA (6)

ネオパーサで話題になったトイレ。特に女性用は豪華らしいが、覗くと痴漢になる。男子トイレに入り、便座に坐ってみた。特に変わったところはない。ただ、入り口に使用状況がパネルで分かるようになっている。これは便利そうだ。

浜松SA (13)

次は下りの浜松SA。ちょうど昼時なので、昼食をとることにした。浜松といえばうなぎ。懐と相談し、うなぎおにぎり定食を注文。

浜松SA (9)

焼きおにぎりの中にうなぎの蒲焼が一切れ隠れているという代物。お吸い物と沢庵がついて690円は高いか安いか。

ちなみにここのコンセプトは、音のある風。大きな楽器会社があるので、それにあやかったものらしい。

浜松SAを出て下っていくと、三ヶ日間で新東名は終わる。ここから先は未開通だ。いったん高速を降りてUターンし、今度は上りに入る。

静岡SA (8)

3つ目のネオパーサ静岡SA。ここの特徴は、ガンダムショップがあること。自動販売機で、Tシャツが買えるようだ。興味がないので寄らなかったが、子供には人気があるらしい。

コンセプトはハートフルオアシス。スーパーエコエリアを謳っている。静岡名産、お茶やワサビ漬けのコーナーが多く見受けられた。

駿河湾・沼津 (13)

最後は駿河湾沼津SA。地中海の港町を再現したオーシャンビューエリアだ。コンセプトはリゾートマインドで3階に展望台がある。ここから沼津の街並みや駿河湾が一望できるのだ。

駿河湾・沼津 (4)

こうして新東名ドライブと、ネオパーサ巡りは終わった。4か所のパーサに言えることは、駐車場は広いものの、パーサ自体はコンパクトだったことだ。たとえば海老名SAなどに比べると、ずっと小規模だった。

下りは早い時間だったので、道路もパーサも空いていた。折り返しの上りになると、高速は閑散としていたが、パーサは混んでいた。フードコーナーお土産コーナーともに、レジには行列ができていた。

いまのところ、ドライブも、パーサも、快適に利用できるだろう。ただ、休日や行楽シーズンは、この限りではなさそうだ。

毎度言えることだが、高速道路の旅は、ビールが飲めないのが辛い。新宿へ帰ってから、いつもより一杯余計にサワーを飲んだことを報告しておく。

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

中年ジュリー

Author:中年ジュリー
6月14日 東京生まれ 双子座 東京在住
好きなタレント=長澤まさみ、剛力彩芽
趣味=プチ旅行、DVDで映画鑑賞、ひとり酒、B級グルメ食べ歩き、昼寝

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
不良中年・天国と地獄
懲りない男の反省と悔恨の日々

FC2Blog Ranking

不良中年・天国と地獄
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。