コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

中野の居酒屋「極楽屋」で生ビールとウーロンハイ

ここは2回目の訪問です。
何回か覗いたのですが、その都度満席で入れませんでした。

極楽屋4点


今夜もやはり混んでいます。
2,3度往復して、やっとカウンターが空きました。

まず生ビールを。
喉が渇いていたので、最初の一杯はこれに限りますね。

カンパチの刺身。
この店、刺身の種類が多いです。
いずれも400円から500円くらい、安いですね。

セロリ漬け。
混んでいるので、出てくる順番が違いました。
簡単なはずのセロリがあとから。

2杯目はウーロンハイです。
なんと、この時になって、お通しが。

ウーロンハイ、19時までなら190円のようです。
時間が迫っていたので、慌てて2杯目を頼みました。

最後にレバーの串焼き2本。
これも時間がかかりました。

1時間ほどでお愛想。
1880円でした。
まあ安いでしょう。
味も水準で、繁盛するのも納得。
つまみも豊富なので、また来ましょう。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

蔵元居酒屋

酒造経営の飲み屋は、いくつかあるようだ。どんな店があるのか、具体的には知らない。呑み助のくせに、情けない話である。

新宿区役所通りにあるこの居酒屋。よく行くのだが、ここは看板に蔵元居酒屋と謳っている。新宿のほかに、高田馬場や吉祥寺にもある。新宿歌舞伎町店は、支店の中でも大きいようだ。

11月30日 (2)

飲み物は、いまの季節だと燗升酒である。つまみは、日替わりのお勧め品が黒板に書いてあり、最初はたいていその中から選ぶ。この日は鮪のぶつ切りだった。

11月30日 (4)

そしてこの季節、鍋が必需品(?)だろう。よく頼むのは寄せ鍋とかき鍋。特にかき鍋は味噌味なので、酒飲みにはうれしい食べ物だ。

12年11月8日 (3)

あさりの酒蒸しも好きなおかずのひとつである。あさりやシジミは肝臓によいとされている。これまた酒飲みにはありがたいおかずだ。何かと理屈をつけて飲みかつ食うのが、酒飲みの可愛いところでもある。今夜もまた理由を見つけて居酒屋の暖簾をくぐることだろう。

テーマ : 日々のつぶやき
ジャンル : 日記

このページのトップへ
コンテントヘッダー

マンネリの夜

蒸し暑い夜に飲むものといえば、生ビールに決まっている(異論もありそうだが)

IMG_1159.jpg 

そこで居酒屋へ行っても、まず頼むのは生ビール枝豆だ。偉大なるワンパターーンである。

IMG_1161.jpg

先日は追加のおつまみに、するめイカ七輪焼きというものを注文。七輪は暑かったが、マヨネーズと唐辛子でいただくイカは美味しかった。

IMG_1162.jpg

ししとうは今が旬のようだ。串焼きをお願いしたが、辛味がピリッと舌を刺激して、暑気を吹っ飛ばしてくれた、

IMG_1135.jpg

マンネリといえば、飲み物の追加としてホッピーを飲み、いい気分で居酒屋を出た。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

このページのトップへ
コンテントヘッダー

7月の飲み会

14日の土曜日、恒例の飲み会が行われた。店はバス停の前、いつもの居酒屋である。

7月登竜会料理 (7)


ビールで喉を潤してから、ウーロンハイを飲む。原酒は韓国の鏡月。何しろ飲み助が揃っているので、会費を抑えるためには、やむを得ないところだ。

7月登竜会料理 (8) 


料理は各自が勝手に注文するシステムになっている。コースのほうが安くつくが、これは酒と違って、我を通す輩ばかりなので、これまたやむを得ない措置だ。

7月登竜会料理 (4) 

刺身は4点盛り。マグロ、イワシ、隠れているのはカツオかもしれない。

7月登竜会料理 (2) 


これはイカのバター焼きか。癖がないので、これも人気がある。

 

7月登竜会料理 (9)


最近、毎回出てくる鰤の窯焼き。好ききらいが激しいが、好きな人は目玉をしゃぶる。我輩はそこまでゲテモノ好きではない。

7月登竜会料理 (5) 


これは豚の冷シャブというのだろうか。鍋はコンロが熱いので、今の時期は、こういう食べ方がいいのだろう。

他に焼き鳥や煮込みなども出たが、後半は酔って写真どころではなかった。みんなは海水浴の話題で盛り上がっていたが、我輩は不参加なので、黙々と飲むだけだった。

飲み会は2時間余りで終わり、二次会へ行くこともなく、各自夜道を家路へつくのであった。オシマイ。

テーマ : グルメ日記
ジャンル : 日記

このページのトップへ
コンテントヘッダー

本場のマッコリ

土曜日、はしご酒の2件目に寄った店で、マッコリを2杯飲んだ。最近、居酒屋焼き鳥屋でも、韓国の酒を置く店が増えている。

IMG_0932.jpg


焼酎なら真露鏡月などがお馴染みだ。国産のものより安いのが取り柄だろうか。


日本のどぶろぐに相当するマッコリも人気が高い。日本のメーカーも瓶詰や缶入りマッコリを販売しており、それなりの売り上げがあるようだ。


日本人向けにアレンジされており、微炭酸で飲みやすくしている。飲みやすいが、酒飲みには物足らない。

P1020663.jpg


去年、ソウルへ行った時、韓国ビールとマッコリを飲んだ。日本のマッコリとはかなり違っていた。本格的なお酒で、酒飲みも満足できる味だった。


本場は違う、と感じたものである。その国の酒は、その国で飲むのが一番おいしい。もちろん、日本風にアレンジされたものは、それはそれで飲みやすいが。

テーマ : 韓国・ソウル
ジャンル : 海外情報

このページのトップへ
コンテントヘッダー

よく行く居酒屋チェーン

よく行く、と言っても、月に2,3回だから,常連とは言えないだろう。大手居酒屋チェーン店は、近所に4,5店舗あるが、他の店にはほとんど行かない。

理由はよくわからないが、ただ面倒くさいだけなのだろう。あるいは、単なる習慣、いや惰性なのかもしれない。

先日も2週間ぶりに行ってみた。ひとり酒だから、カウンターの端に座る。最初の一杯は生ビール枝豆だ。

IMG_0883.jpg 

枝豆はタンパク質だから、アルコールのお供には最適だろう。値段もリーズナブルで、たいてい出足はこれにする。今は冷凍物が出回っているから、季節を問わず食べられるのも便利だ。

IMG_0885.jpg


生ビールの次はホッピーが定番のコースとなる。プリン体ゼロと言われているから、痛風が心配な年寄りには向いている。値段が安いのもいい。

IMG_0887.jpg


この日は、枝豆の次にカツオカルパッチョを食した。カルパッチョとは、牛肉のたたきや刺身など生の材料を薄切りにして野菜と和え、酸味のあるソースとオリーブオイルをかけたものを指す。名前の由来は、イタリアの画家から来ているらしい。

イタリア料理だが、居酒屋でもよく見かける肴だ。赤身が基本だが、白身の魚を使うこともある。目先が代わって、たまに食べると美味しい。

IMG_0888.jpg


もう一品、割引クーポンの対象になっていた新玉ねぎおでん風煮というものを頼んだ。珍しい料理だが、なるほどおでん風味付けになっている。玉ねぎの甘みも出汁に溶け込んでいて、これはこれで美味しい。

小一時間ほどいて、ほろ酔い気分になり、涼しい夜風に火照った体をさらしながら、徒歩で家まで帰った。至福とまでは言えないが、満足できる一時間だった。

テーマ : 独り言
ジャンル : 日記

このページのトップへ
コンテントヘッダー

飲み会で食べたもの

先週の土曜日、月一恒例の飲み会が、いつもの居酒屋であった。時間どおりに出席した小生は、大いに飲み、喰ったものである。

まだ酔っ払っていない前半は、こまめに写真を撮っていた。その内の一部を紹介しよう。

メバルの刺身

メバルの刺身。白身だから、味は淡泊で、癖はない。人によっては、もの足らない味と歯ごたえかもしれない。わさび醤油で食べたが、ポン酢のほうがよかったかもしれない。

ぶりの窯焼き

ぶりのカマ焼き。これは好みが分かれるだろう。見た目をグロテスクと感じる人がいるかもしれない。見た目と味は多くの場合、相反するものだ。理屈ではわかっていても、受け付けない人も多いはず。

ナマコを初めて食った人は勇気がいっただろう、という笑い話がある。カマ焼きにも同じことがいえるかもしれない。好きな人は目玉を舐めるはずだ。身は意外にさっぱりしているから、塩で喰うのがいいだろう。

焼き鳥

焼き鳥。酒の友としてはお馴染み。王道といえるかもしれない。部位によっては好き嫌いがある。私の場合は、固いところは喰いたくない。レバ、しろ、つくね等が好みだ。

どんな飲み物にも合うおつまみの王者であることは、間違いない。タレと塩、店によっては味噌味もある。いずれも美味なので、その日の欲求によっ食べ分ければいいだろう。

海鮮サラダ

海鮮サラダ。これは缶詰か、それともカニの蒲鉾か。トマト、胡瓜、きゃべつなどの野菜にソーセージらしきものが混ざっている。ドレッシングがかかっていて、サラダ感を盛り上げているが、カニもどきの量が少ないので、海鮮感はあまりない。

隣のポテトフライは、安さとボリュームで頼む人が多いようだ。どちらかというとビールのお供か。もちろん焼酎にも合う。

他にも食べたが、後半は酩酊したので、品名と写真を失念した次第。翌日は二日酔いだったのは、いうまでもない。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

このページのトップへ
コンテントヘッダー

昨夜のハシゴ酒

風呂上がりに散歩に出かけたのが間違いの元だった。喫茶店でお茶して帰ろうなんて話は昔のこと。日が沈みかけた午後6時、チャリを駐輪場に置いて覗いたのが立ち飲み居酒屋だった。

黒ホッピー (1)

2週間ぶりだろうか。いつも混んでいるので、道から店内を見て素通りしていたのだ。この日は入り口の近くが空いていたので、マスターと久しぶりのご対面となった。まずホッピーを。

1/10すっぴん酒場 (1)

もちろん、つまみは焼き鳥。ほかにもメニューはあるが、マンネリを恐れずもつ焼きを注文する。これに野菜焼きを追加するのが常道だ。

1本のホッピーで中(焼酎)3杯をお代わりすると、いい気持ちに酔っ払う。飲み終わる頃には、満席になっていた。ここで店を出る。このまま帰れば賢人だが、もう一軒寄るのが凡人の性(さが)か。

5/23黒ちゃん

ちりとり鍋のお店へ行くと、先客はゼロ。G系のラーメン屋の跡に最近オープンしたので、まだ地元民に浸透していないようだ。ハイボールを頼む。

5/23黒ちゃん (1)

メニューを見ながら、マスターのお薦めを聞くと、煮込みはどうですか、というのでそれに同調。これにトマトスライスを追加して、ハイボール2杯で小1時間ほど談論して帰路につく。

ハシゴ酒といってもたった2軒だが、かなり酔った。年のせいだろう。まだ宵の口だったが、とりあえず布団に入ってバタンキュー。深夜に目覚めてDVDを1本鑑賞。夜明けにまた眠りにつくという自堕落な1日が終わってはじまるというていたらくだった。いい加減に懲りろ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

このページのトップへ
コンテントヘッダー

魚で一杯

最近は出不精になって、盛り場をうろつくことも少なくなった。用事がなければ、電車に乗って出かけることもない。

先日の月曜日、手持ちの電子機器が調子悪く、修理を頼みに大手量販店へ行った。10日ぶりの新宿である。用が済めば、おのずと足は区役所通りへ向かう。ここに、時折寄る居酒屋があるのだ。

生ビール

この日は気温が上がり、リュックを担いで歩くと、汗ばむほどだった。まず生ビールで喉を潤すのは、常道であろう。

初カツオ

黒板の手書きメニューを見ると、鹿児島産の初カツオがあった。注文すると、ニンニクと生姜が添えられて出てきた。これまた常道である。

生ビールをチェイサーにして、冷やの升酒を飲むことにする。カツオの奥に見えるのが、その升酒である。銘柄はわからないが、口当たりはいい。

マグロ納豆

次はヘルシーなマグロ納豆を頼む。昔からあるメニューだが、最近は見かけなくなった。復古調の波に乗って、登場したのかもしれない。

升酒は快調に進む。実はこの店へ来る前に、ラーメン屋でハイボールを二杯飲んでいる。今日は意外に調子がいいようだ。

結局、ここでは生ビール一杯と、升酒を三杯も飲んでしまった。飲み過ぎである。時間は早いが、切り上げ時だ。どこへも寄らずに、帰途についた。短い時間だったが、気持ちよく酔った。こういう至福の時が、一週間に一度はほしい。

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

中年ジュリー

Author:中年ジュリー
6月14日 東京生まれ 双子座 東京在住
好きなタレント=長澤まさみ、剛力彩芽
趣味=プチ旅行、DVDで映画鑑賞、ひとり酒、B級グルメ食べ歩き、昼寝

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
不良中年・天国と地獄
懲りない男の反省と悔恨の日々

FC2Blog Ranking

不良中年・天国と地獄
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。